美しく暮らし、美しく生きる 和のたしなみ

和道・WA-DO の 仕法

美しく暮らし、美しく生きる 和のたしなみ

wanoko_01
私たち日本人は、穏やかに移り変わる季節の中で自然を尊ぶ心を育み、その心を衣・食・住・遊に映し、繊細で美しい「生活文化」を作りあげてきました。また外来文化もそのまま取り込むのではなく、風土に馴染む形に仕立て直し、より洗練させてしまう、これが古来からのスタイルでした。

ところが、明治時代以降、急速な文明の発達に伴い、生活のスタイルは大きく変わり、日本人のメンタリティの基盤となってきた生活文化の伝承が失われつつあります。

例えば「日本のもてなしの形」の原点は、「伝統的な暮らし」の中にある、とわたしは考えます。食空間を含む住空間に、季節感をどのように取り込み、遊び心をどう働かせるか、これらを現代のさまざまなシーンで展開するには、年中行事をはじめとする伝統の形に先人たちが込めてきた意味を知る必要があります。ここが理解できますと日本人の生き方、おもてなしの心、和のたしなみといった言葉の根っこに有るものは何だったのか、を感じる取ることが出来ましょう。

 

和道 ・ WA-DOの仕法 主宰 廣瀬輝子 

最新記事

  • 朽ち行く命の華やぎ

      老いの魔の手からそっと肩を叩かれるのを感じることが増えた昨今、 庭の草花の生死流転の様子に強く惹 …

    続きを読む...

  • 収穫の祭

    自然の恵が多いこの国では、大昔か人間はたくさんの 神々と共生していると考えた。 そこで収穫祭は地域の神様や八百 …

    続きを読む...

  • ノーベル賞大村智先生のこと

    ノーベル賞を受賞された大村智先生が北里研究所の所長になられた時、私は秘書室に在籍していた。 当時は情報化社会、 …

    続きを読む...

  • 青パパイヤ

    青パパイア

       野菜の一種ともいえる青パパイヤを頂いた。千葉県君津に日本最大の青パパイヤのプランテーションが出 …

    続きを読む...

お知らせ

一覧