どんど焼き

dondo_01

1月15日は小正月。千葉県佐倉市弥冨地区では14日に小正月の行事「どんど焼き」が行われました。

遠くに見えるのは燐の地区の「どんど焼き」です。

この火で焼いた餅を食べれば一年は無病息災でいられる、またお正月の神様を炎と共に見送るともいわれます。

木の枝や竹竿に刺した丸餅を焼いて食べるのは、養蚕が盛んだったころ丸餅を繭玉に見立て養蚕の繁盛を祝った名残とか。

dondo_03

どんど焼きの名の由来は火が燃えるのを「尊や、尊や、どんどん燃えろ」と囃し立てたことからこの言葉が訛ってどんと焼きとなったのですとか。

この行事を陰で支えてくれた多くの地域の皆様に心より感謝します。お疲れ様でした。